いわき巡り 冬の塩屋埼灯台を楽しむ [平成27年12月22日(火)更新]

TOP_2015122212475127d.jpg

雲がふわふわと浮かんでいますが日差しが温かいいわき市。
風邪がやや強く吹いており、車の運転中に突如ハンドルを取られることも。
お出かけの際は風を通しにくい上着で、車を運転される方は安全運転を!

また、本日は冬至
日照時間がもっとも短くなる日です。
さはこの湯公衆浴場では冬至の日に因み、ゆず湯のサービスを実施いたします。
風邪が引きにくくなると言われるゆず湯につかり、家に帰ってからは南瓜を食べて冬を乗り切りましょう!


本日の話題です。
今年は暖冬と言われておりますが日の出が遅く、陽が落ちるのが日々早くなるのを見ていると冬なんだなぁ…と感じさせられます。

灯台ブログ用
※写真は平成26年2月15日の様子です。

いわき市のシンボル的存在のひとつ塩屋埼灯台
日本全国に灯台の数は3000基以上、その中でも全国的にも珍しい登る事が出来る灯台の一つです。
青い空に映える白亜の壁が美しい塩屋埼灯台。
今回、スタッフが冬の塩屋埼灯台を楽しんでみようと出かけてみました!

階段入口

駐車場から灯台へ向かう階段の入り口。
看板には、灯台までの距離約190m、消費カロリー約30kcalの表記が…
消費カロリーと見ると登るのにがぜんやる気が湧いてきます。

中腹

灯台までの階段を上る途中の眺め。
今の時期は午後3時頃でこの明るさです。
雲雀乃苑にお客様がいらっしゃったので、美空ひばりさんの歌碑からみだれ髪が聞こえてきます。

一見緩そうでやや急な斜面の階段を上り切ると…

入口

着きました…!
塩屋埼灯台の入り口です!
門をくぐれば、ベンチが設置され豊間の海を眺めながら休憩ができます。
双眼鏡も設置されており、お天気がいい日は双眼鏡からあちこち眺めてみたいですね。

いざ

受付で参観料を払い…さぁ灯台へ登りましょう!

103段

入口を見てビックリするスタッフ…
階段が…103段…!
しかし、階段一つひとつが低めに作られているのでゆったりと昇れそうです。
10段ごとにきざまれる段数の数字を眺め、時折窓から外を眺め…

最後の階段

頭上に注意しながら最後に少し急な階段を登れば…!


登頂!!


豊間

薄磯

見下ろす

なんて…素晴らしい眺め…!
穏やかな波の音…
あらゆるものが小さいミニチュアサイズに見えます。
鳥になった気分です♪

レンズ

出入口の所からは灯台のレンズが見えます。
この大きなレンズから光が発せられ、船と海の安全を守ってくれているのですね。

薄磯の夕日

夕焼け空をのんびりと眺められるのも、この時期ならでは…
陽が長い夏では中々見れない様子ですね。

灯台から降りて、ふと振り返ると…

夕焼けと月

夕焼け色に染まる塩屋埼灯台…!お月様とのツーショットが!
なんとフォトジェニック!!

ミュージアム内では灯台の仕組みや歴史などが学ぶことが出来る他、東日本大震災のあの日、灯台がどのような様子だったかを写真で見ることができます。
灯台へ登ってミュージアムを楽しむと、全体で約1時間ほどでした。


夏とはまた違った楽しみが出来る今の時期の塩屋埼灯台。
お時間に余裕がありましたら、夕暮れの灯台も是非楽しんでみてください。




【お問合せ先】

塩屋埼灯台
電話:0246-39-3924(塩屋埼灯台燈光会)
住所:いわき市平薄磯字宿崎34
開館時間:午前8時30分~午後4時(最終入館午後3時30分)
定休日:強風などの悪天候時
参観料:寄付金として中学生以上 200円/小学生以下 無料


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト