いわきアフターサンシャイン博 バスツアー参加者募集中![平成29年4月18日(火)更新]

いわきアフターサンシャイン博 バスツアー参加者募集中![平成29年4月18日(火)更新]1

昨日からの暴風雨は花散らしの雨となり、三崎公園の桜も散り始めておりました。
天気は回復に向かうということでしたが、いわき駅周辺はどんよりとした曇り空が広がっています。
いわきアフターサンシャイン博 バスツアー参加者募集中![平成29年4月18日(火)更新]2


昨年、市制50周年を記念し、いわき市内全域をパビリオンにみたて開催された「いわきサンシャイン博」
いわき市内の魅力を皆さんに知ってもらおうと「観る」・「学ぶ」・「交流する」をテーマに開催されておりました。
今年の4月からは「いわきアフターサンシャイン博」として引き続き開催をします!
今回はクマガイソウとシャガの名所を訪れます。募集定員に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい!

まず初めにご紹介するのは、田人町を周遊するバスツアーです。
いわき市田人町綱木地区には、絶滅危惧種にも指定されているクマガイソウが約5万株、守る会の方の手により守られてきています。のどかな風景に咲くクマガイソウはまさに圧巻です。
ご出発日により行程が異なります。必ず行程をご確認下さい。

日本最大級 クマガイソウの群生地を訪ねる
5月2日(火) 四ツ倉駅前出発
四ツ倉駅前(8:30)==田人のクマガイソウ群生地(見学)==とろろ屋半兵衛(昼食)==いわき菌床椎茸組合(見学・お買物)==各発地(15:20頃)

5月7日(日) 小名浜案内所バス停出発
小名浜案内所バス停(8:15)==田人のクマガイソウ群生地(見学)==山ぼうしの家(昼食・周辺散策)==田人観光いちご園(いちご狩り)==各発地(14:30頃)

5月11日(木) いわき駅前ミスタードーナツ前出発
いわき駅前ミスタードーナツ前(8:30)==田人のクマガイソウ群生地(見学)==金澤翔子美術館(扇子絵付体験)==中根の湯(昼食)==各発地(15:00頃)

参加費:3,500円(税込)
定  員:各回20名(最少催行人数10名)
チラシ:PDFデータ

続いては、高倉町にある高蔵寺と小名浜地区を巡るツアーです。
高蔵寺の境内には約50万株のシャガが群生しております。県の重要文化財に指定されている三重塔もあり、杉木立の間から溢れる太陽の光を浴びるシャガは幻想的な風景を見ることができます。
また小名浜地区では国際港である「小名浜港」の現状を学べるツアーとなっております。
こちらもご出発日により行程が異なりますので、必ず行程をご確認下さい。

シャガと座禅で心リフレッシュ 初夏の小名浜で学び、遊ぶ。
5月1日(月) 四ツ倉駅前出発
四ツ倉駅前(8:20)==高蔵寺(座禅体験・シャガ鑑賞)==小名浜魚市場(見学)==丸克商店(昼食【刺身定食】)==いわきデイクルーズ(クルージング)・いわき・ら・ら・ミュウ(買い物)==各発地(16:00頃)

5月8日(月) 三和ふれあい館出発
三和ふれあい館(8:00)==高蔵寺(座禅体験・シャガ鑑賞)==小名浜魚市場(見学)==さすいち(昼食【刺身定食】)==いわきデイクルーズ(クルージング)・いわき・ら・ら・ミュウ(買い物)==各発地(16:00頃)

参加費:3,500円(税込)
定  員:各回25名(最少催行人数15名)
チラシ:PDFデータ

こちらのツアーのお申し込みは「常磐ツーリスト」へ電話にてのお申し込みとなります。
先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

ツアーのお申し込み先
常磐ツーリスト 電話:0246-43-1941
《営業時間》月~金曜日:9:00~17:00/土曜日9:00~12:00

【ツアーのお問い合わせ先】
いわきアフターサンシャイン博実行委員会 電話:0246-44-6545
(事務局:いわき観光まちづくりビューロー)
《営業時間》月~金曜日:8:30~17:00


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト

いわきレイライン調査隊 現地調査会~桜編~ 参加者募集中![平成29年4月11日(火)更新]

いわきレイライン調査隊 現地調査会~桜編~[平成29年4月11日(火)更新]

時折、強い雨が降ってくるいわき市。
太陽が顔を出していない分、肌寒く感じられます。
市内の桜の開花が進んでおります。
当案内所ブログのいわき巡り 自然(花)編にて開花状況をアップしております。ぜひ、ご覧くださいね。
いわきの巡り 自然(花)編

さて本日は「いわきレイライン調査隊」からのお知らせです。
いわきレイライン調査隊は、いわき市内に100か所以上点在する神社や寺院、山などにまつわるレイラインから導き出されるいわきに秘められたメッセージを解き明かそうと様々な調査をしています。

その活動の中で今回は「現地調査会~桜編~」を行い、現在、参加者を募集しております。
今回の調査では、いわき南部に注目を当て勿来地区の聖地を巡ります。
桜は日本を象徴する花で春の風物詩でもあり、昔から桜には「神が宿る木」として伝えられてきています。
今回の現地調査では、人々が伝えてきた桜にまつわる進行と勿来地区が歴史上重要な拠点を担ってきた事を感じてみませんか?

聖地観光の専門家を講師に迎え、レイラインハンティングを駆使していわきの魅力を再発見できるのではないでしょうか。
募集人数は限定20名となっておりますので、お早目にお申込みください。

いわきレイライン調査隊 現地調査会~桜編~
開催日:平成29年4月15日(土)
集合場所:いわき市石炭・化石館 第2駐車場またはいわき市勿来支所
行程についてはこちらをご覧ください チラシPDFデータ
参加費:1,500円(資料・昼食代込)
定員:20名
《申込・お問い合わせ先》
電話、FAX、メールのいずれかの方法で「お名前・性別・年齢・電話番号・乗降場所」をお伝えの上お申し込みください。
(一社)いわき観光まちづくりビューロー 地域ネットワーク事業部会事務局
TEL:0246-44-6545
FAX:0246-44-6546
E-MAIL:iwaki_leyline@yahoo.co.jp

いわきレイライン調査隊の活動は、Facebookで見ることができます。ぜひこちらもご覧ください。
いわきレイライン調査隊Facebookページ
https://www.facebook.com/iwakileyline/



++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++

ドラマリーディング「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」3月20日(月・祝)開催! [平成29年3月6日(月)更新]

ドラマリーディング「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」-1



どんよりくもり空のいわき市。
気温は11度ありますが、湿気ているせいか空気がひんやりとしています。
昨日の当ブログへ常磐共同火力(株)勿来発電所の河津桜をアップいたしました。全体的に3~5分程度まで開花が進んでおり、来週末には見頃となる予想です。
春の季節が少しずつ近づいていますね。



3月20日(月・祝)、チームスマイル・いわきPITにてドラマリーディング「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」を開催いたします。

いわき駅裏手にある丹後沢公園。
磐城平城の本丸・二の丸・三の丸と杉平郭の内濠だった場所が現在の公園で、一度は訪れた方もいらっしゃると思います。
この公園の名称には由来があることはご存知でしょうか。

由来について勉強会が行われ、昨年度は「人柱-HITOBASHIRA-を考える ~史実なのか?それとも伝説なのか?~」、今月1日は「人柱について考える~史実なのか?それとも伝説なのか?」が行われ、鳥居忠政が磐城平城を築城した際に「人柱」を立てたこと、また新島襄が書き記した磐城平城の「人柱」の話について学びました。

ドラマリーディングでは磐城平城と丹後沢についての理解をより深める内容となっています。
原作は夏井芳徳さん、作・演出は小林基さんです。
公演は午後3時30分と午後6時30分の2回行われ、上演時間は70分、入場料は500円です。
事前の申込が必要となり、ファックス・Eメールのいずれかにより「氏名・連絡先・観覧希望の回」を明記の上、いわき市文化スポーツ室文化振興課までお申し込みください。


ドラマリーディング「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」-2

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。
その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。
磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱になったといわれており、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。
なぜ人柱にならなければならなかったのか。

※「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」パンフレットより


命を賭して為すべきことがあるー
人柱となった丹後の心中が初めて描かれた「この土手、ゆるがじ」をぜひお聴きください。



ドラマリーディング「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」
開催日:平成29年3月20日(月・祝)
時間:第1部 午後3時30分~/第2部 午後6時30分~ (開場各30分前・上映時間 70分)
会場:チームスマイル いわきPIT(福島県いわき市平祢宜町5-13)
入場料:500円

《脚本》
夏井芳徳(いわき明星大学客員教授・いわき地域学會 副代表幹事)

《作・演出》
小林基(NPO法人Wunder ground・演劇結社 スナフ缶)

《キャスト》
酒井悠太(NPO法人Wunder ground・劇団ギャング団)
阿部嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田誠(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田智道(劇団いわき小劇場)


【お申し込み・お問い合わせ先】
いわき市文化スポーツ室文化振興課
住所:〒970-8026 福島県いわき市平梅本21
電話:0246-22-7546
ファックス:0246-22-7552
Eメール:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp












++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++






「人柱について考える」 3月1日(水)開催! [平成29年2月27日(月)更新]

人柱について考える


青空が広がるいわき市です。
太陽の温もり感じる室内にいると、ついウトウトしてしまいそうです…が、外に出るとぶるっと身震いする寒さです。
午前11時を過ぎ、風も強くなってきました。明日までは気温が低い予報ですので、防寒対策はしっかりとお出かけください。


さて、本日は勉強会「人柱について考える」開催のお知らせです。

いわき駅裏手にある丹後沢公園。
磐城平城の本丸・二の丸・三の丸と杉平郭の内濠だった場所が現在の公園で、名称には由来があります。
磐城平城を築城する際、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となり、丹後沢という沢の名称は人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれています。

昨年3月に行われた勉強会「人柱を考える」では講座と実際の磐城平城本丸跡を歩き、人柱まつわる話しから歴史的背景を読み取り、全国各地の築城にまつわる「人柱」について考証を行いました。

今回行われる勉強会「人柱について考える」では、いわき地域学會副代表幹事の夏井芳徳さんを講師に迎え、『磐城平城の「人柱」と歴史的背景』と『全国城普請人柱番付の考察』についてお話し頂きます。

歴史的背景では、鳥居忠政が磐城平城を築城した際に「人柱」を立てたことについて掘り下げるほか、いわきにやって来た新島襄が書き記した磐城平城の人柱の話について考えます。
もしかすると、人柱は一柱だけではなく二柱なのかもしれません。

番付では昨年の勉強会最終日でグループに分け、全国16箇所の人柱を検証しランク付けを行いました。今回は新たに分かったことなどについて考察します。


参加方法は事前申し込みとなっており、所定の受講申込用紙に氏名・住所・職業・電話・Eメールアドレスを明記の上、ファックスもしくはEメールにていわき市文化スポーツ室文化振興課までお申し込みください。
定員は50名、参加費は無料です。


また、3月20日(月・祝)、チームスマイル・いわきPITにて朗読劇「この土手、ゆるがじ -磐城平城丹後沢の由来-」を開催いたします。
磐城平城と丹後沢について理解を深めるドラマリーディングで、原作に夏井芳徳さん、作・演出は小林基さんです。

皆さまのお申し込みをお待ちいたしております。



人柱について考える~史実なのか?それとも伝説なのか?
日時:平成29年3月1日(水)午後6時30分~8時
会場:いわき産業創造館会議室1(福島県いわき市平田町120 LATOV6階)
定員:50名
参加費:無料

【お申し込み・お問い合わせ先】
いわき市文化スポーツ室文化振興課
住所:〒970-8026 福島県いわき市平梅本21
電話:0246-22-7546
ファックス:0246-22-7552
Eメール:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp






++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++


NHK BSプレミアム「きらり!えん旅」宮川大助・花子ミニライブ入場整理券配布について [平成29年1月25日(水)更新]

NHK-BSプレミアム「きらり!えん旅」宮川大助・花子ミニライブ入場整理券配布



放射冷却現象の影響で底冷えの朝を迎えたいわき市。
あまりの寒さになかなかお布団から出られなかったスタッフです。
空気が乾燥していますので、風邪にはくれぐれもご注意ください。


NHK BSプレミアムで毎月最終水曜日に放映中の番組「きらり!えん旅」。
震災で大きな被害を受けた東北各地を励まそうと、市町村を訪ねる番組です。
また、「えん旅」の「えん」とは、東北を“応援”しようという“援”、ふるさと自慢を訪ね歩き、地元の方々と“ご縁”をつなぐ“縁”、旅の終わりにステージで芸を披露する“公演”の“演”など、さまざまな意味が込められています。

今回は漫才コンビの宮川大助・花子さんがいわきへ来市され、市民の方の案内によりふるさと自慢を訪ね歩きます。
旅の終わりには泉公民館にて無料ミニライブを開催します。

このミニライブの入場整理券を1月28日(土)いわき市役所 本庁舎1階フロアにて配布いたします。
280名の市民の皆様を対象としており、先着順となります。
なお、ミニライブの開催は2月26日(日)となり、入場整理券の配布日とは異なりますのでご注意ください。

番組はBSプレミアムにて平成29年3月29日(水)午後7時30分から放送予定です。
この機会にぜひ宮川大助・花子さんのライブをご覧ください。




入場整理券の配布について
日時:平成29年1月28日(土)午前10時~正午
会場:いわき市役所 本庁舎1階フロア(福島県いわき市平梅本21)
配布枚数:先着順280名分(お一人につき2名分まで、定員に達し次第締切となります)

1月28日(土)以降の配布は1月30日(月)~2月3日(金)となり、定員に達した場合は配布は実施しませんのでご注意ください。
日時:平成29年1月30日(月)~2月3日(金)午前10時~午後4時
会場:いわき市役所 本庁舎5階 観光事業課


ミニライブについて
日時:平成29年2月26日(日)開場 午後2時30分/公演 午後3時~午後4時
会場:いわき市 泉公民館(福島県いわき市泉町4丁目13-11)


注意事項
主催者の意向により、市内在住の方を対象としています。
ミニライブは公開収録を兼ねており、テレビカメラの撮影が行われますので、あらかじめご了承ください。

《いわき市ホームページ》
NHK BSプレミアム「きらり!えん旅」宮川大助・花子ミニライブ入場整理券配布のお知らせ
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1484716701003/index.html


【お問い合わせ先】
いわき市観光交流室 観光事業課 電話:0246-22-7477






++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++