1月26日(木) 情報提供サイトと、モノリス・タワー内覧会その2

青い空に真っ白い雲がぷかぷか浮いている今日のいわき市
昨日の横殴りの雪が夢だったようなお天気。

とは言え冷え込んでおり、日陰では路面の凍結も続いているようです。
日なたの路面は乾いていますが、車の運転には充分にご注意下さい

さて先日「ふるさと!ふくしまが好き!」というホームページが開設されました
ふるさと!ふくしまが好き!
郡山市にあるナフメディア株式会社さんが運営しているサイトで、当案内所でも依頼を受けて画像の提供、記事の校正などをお手伝いさせていただきました。

情報がコンパクトにまとめられていますので、福島観光の入門編にピッタリなのではないでしょうか
ぜひ一度ご覧になってみて下さい http://www2.fun.ne.jp/

                            
1月18日(水)の当ブログでも紹介しましたが、先日のモノリス・タワー内覧会ではたくさん写真を撮ってきました
今日はその紹介の第2弾として、レストランの様子をメインにお伝えします
(モノリス・タワーとは、2月8日に新しくオープンするハワイアンズのホテルです)
モノリス・タワーネシア6

フレンチポリネシアン・ブッフェ「Nesia(ネシア)」
『南太平洋の島々を訪ね、本場ポリネシア料理の“蒸す”“焼く”手法をベースに、食材の味覚を目と舌で確かめながらオリジナルレシピを開発。フランス料理の繊細で奥深い味覚を加えることで、より一層魅力的な料理に仕上げています。
さらに、日本ではめずらしい青バナナなどを使い、現地の味も再現。これまでのブッフェスタイルを超えた、魅力的な味覚をお楽しみいただけます。』(以上モノリス・タワーHPより引用)

日本にいることを忘れてしまいそうな、カラフルなポリネシア料理の数々。
モノリス・タワーネシア7
かと思えば、イートインのできるケーキ屋さんに入ったような、何種類もの美味しそうなスイーツ
モノリス・タワーネシア8
“バイキング”ですからもちろん、全メニューを食べて良いんです(でも絶対に無理な量の種類です)

ではもう少しレストラン内の様子をご覧頂きましょう。
温製料理コーナーでは、自らオーダーしたお肉を目の前で焼いてくれたり・・・
モノリス・タワーネシア1
以下は冷製料理コーナー。
各種オードブルやサラダ、フルーツなどがカラフルに盛り付けられています。
モノリス・タワーネシア2
モノリス・タワーネシア3
モノリス・タワーネシア4
そしてスイ~ツ
スタッフの方がクリームやソースでデコレ-ションもしてくれるそうですが、気軽に自分で取り分けてももちろんOK。
モノリス・タワーネシア5

ずっとここに居たくなるような(笑)、魅力あふれるバイキングレストランでした

ますます泊まってみたくなったのではないでしょうか?
そんなあなたはぜひ「モノリス・タワー」のHPをチェックしてみてくださいね
スポンサーサイト

1月18日(水) モノリス・タワー内覧会

今朝は氷点下の冷え込みとなりましたが、日が出てからは徐々に気温も上がり、朝からとてもきれいな青空が広がっています
風もさほど無く、非常に穏やかなお天気です

気持ちの良いお出掛け日和ですが、非常に空気が乾燥していますので体調管理には注意して下さいね

                              
さて16日(月)に、スパリゾートハワイアンズに新しくオープンするホテル「モノリス・タワー」が報道陣に公開されました。
昨日17日(火)は地元の関係者や東北地方の報道・観光関係者に公開され、案内所の中の人も伺って参りました。

たくさん写真を撮ってきたのですが、今日はその中からスイートルームお風呂を紹介します

モノリスタワー1
↑夜の外観も素敵なんです!

ではいよいよ『スイートルーム』に潜入取材
入口ドアを開け室内にはいると、いきなりウッディーな感じが・・・
モノリスタワー2
一番奥の窓際がリビングスペースになっていて、そこから入口方向を見たところ・・・
モノリスタワー3
とっても素敵なキングサイズのベッドが2台・・・二人ずつ寝られますね!
モノリスタワー4
リビングセットもナチュラル素材で、リゾート感があふれます
モノリスタワー5
このお部屋にはバスルームもしっかり付いています・・・もしやジャグジー?!
モノリスタワー6

スタンダードルームにはシャワーだけなので、1階にある大浴場を利用しましょう
男女のお風呂は夜と朝で入れ替わります
モノリスタワー7
半露天というのでしょうか・・・ちょっと複雑でおもしろい作りになっています。
モノリスタワー8
ミストサウナや休憩スペースもあり、ゆっくり楽しむことができそうです

また使ってるボディソープやシャンプー・リンス類がとっても良い香り~
自宅用に買って帰りたくなりました。

まだまだご紹介したいところがありますので、また後日ブログにUPしますね
お楽しみに~






11月13日(日) 今日のお天気と紅葉狩りお勧めルート

暖かな週末となったいわき市。
雲は多いものの、上着は必要ないくらい暖かく、中には半袖の方の姿も見られます
各地へ紅葉狩りへお出掛けの方も多いことでしょう

明日も晴れのお天気は続きますが、気温は今日よりも4~5度ほど下がります
体調管理には充分ご注意下さい。


紅葉狩りですが、現在のいわき市は『見頃というにはまだ少し早くベストとなるのは今週下旬からではないかと予想しています。
日帰りで楽しむルートを考えましたので、ぜひ参考に、いわきの紅葉2第スポットをお楽しみ下さい。

【夏井川渓谷→国宝・白水阿弥陀堂の日帰り紅葉狩りルート】

いわき中央IC  →  好間工業団地経由  →  夏井川渓谷
    (9:30)  --------  (約25分)  --------  (9:55)
いわき中央IC→夏井川渓谷
(↑クリックで拡大)
夏井川渓谷は約15kim。(最新の紅葉状況は四季観光ブログに掲載中!)
渓谷沿いに遊歩道は無いため、車窓からご覧頂くか、所々にある駐車スペースや「夏井川渓谷錦展望台」などに車を停めて、周辺をご覧下さい。
また、少し足を伸ばして、鹿又川渓谷へ。(車で約15分)
11月11日現在、夏井川渓谷・鹿又川渓谷ともに5分程度の色付きです。

夏井川渓谷  →  いわき駅前で昼食
    (10:45)  --------  (11:15)
ランチマップの2
(↑クリックで拡大)
いわき駅周辺は飲食店も多い場所ですので、こちらで昼食をお勧め。
土日はランチをお休みするところがありますが、その場合は通常メニューでの提供です。

いわき駅前  →  国宝・白水阿弥陀堂
   (12:15)  --------  (12:35)
夏井川渓谷→阿弥陀堂
(↑クリックで拡大)
お堂周辺の散策は無料ですが、お堂内の拝観は料金がかかります。
(大人400円)
11月11日現在、大イチョウは5分程度の色付きで、モミジなどは3分程度の色付きです。

まだまだ時間はありますね
この後は、15分ほど車で移動して「いわき市石炭・化石館ほるる」へ行ってみるも良。
また阿弥陀堂を訪れる前に、「いわき市立美術館」に立ち寄ってから来るというプランも良。

最後は、いわき湯本温泉で立ち寄り湯を利用して、いわき湯本ICから帰ってみてはいかがですか?
阿弥陀堂→いわき湯本温泉へ
(↑クリックで拡大)
いわき湯本温泉の日帰り入浴に関しては、下記のページをご参照下さい。
いわき市観光情報サイト ボランティア活動の帰りは、湯本温泉でサッパリ!日帰り温泉案内


なお今日13日(日)時点で、中釜戸のシダレモミジは木の頂上部分が色付き始めたばかりです。
見頃は23日頃から・・・?
その次の週末以降が良いかなぁと思います。
そして、行かれる場合は午前中に!
午後になると日陰になってしまいます。

お出掛け前の紅葉情報チェックは、下記のページをご参照下さい。
いわき市紅葉情報2011

なお、上記のページにも注意を掲載しいますが、現在「背戸峨廊」「二ッ箭山」は震災の影響で入山禁止、「龍神峡」は渓谷と併走する市道が通行止め、「四時川渓谷」は林道の一部で土砂崩れなどがみられるということ。
不用意に立ち入らないよう、ご協力をお願いいたします。




いわきWebアワードGP エントリー中!
ぜひ皆さんの「よがっぺ」をお願いいたします。
(11月21日・月曜日まで!)
いわきWebアワードGPロゴ
↑クリックすると、当案内所のエントリーページが開きます

よがっぺボタンを投票する為のユーザー登録が不要になりました。(11月11日)
今まで必須だった[よがっぺボタン]を押すためのユーザー登録が不要になりました。
かねてより利用者様からユーザー登録が煩雑で[よがっぺボタン]が気軽に押せない、とのご意見を頂いており、今回はそのご意見にお答えする形で、投票の場合のみユーザー登録を不要としました。
なお、[よがっぺ]は一つまたは複数のエントリーサイトに一回ずつのみ、という制約は今まで通りとなっております。
たくさんの方からの[よがっぺ!]をお待ちしております。



「いわきを応援!日帰りの旅」その2

いわき市の復興を応援する「日帰りの旅」シリーズ

その2は、車を使ってのいわき日帰りの旅を紹介します。
(東京方面からを設定)
≪いわき市南部を巡るマイカーの旅≫
三郷IC---常磐道---いわき勿来IC--R6経由--勿来関文学歴史館
吹風殿
7:30発
(約2時間・休憩含)
9:30
(約15分)
9:45   11:00

--R6経由--昼食
まちなか美食ホテル
割烹一平 等
--------三崎公園--県道26号--
(約30分)
11:30   12:30
(約5分)
12:35   13:20
(約30分)

暮らしの伝承郷--県道48号--いわき湯本温泉
日帰り入浴
--県道14号--いわき湯本IC
13:50  14:50
(約30分)
15:20  16:20
(約5分)
16:25

---常磐道---三郷IC
(約2時間・休憩含)
17:30頃着


※なおこのお勧めコースは平成23年6月23日現在の情報で紹介しています。

今回のコースは小名浜で昼食を取るプランですが、付近のアクアマリンふくしまやいわき・ら・ら・ミュウは現時点でまだ閉館中です。
そのためコースに入れていません。
ですが、アクアマリンふくしまは7月15日に一部再開を目指しております。

自由気ままな車の旅ですので、再開した後にはぜひプラン変更!
寄り道してみてください

カツオアブリ重
↑こちらは「割烹一平」さんの『アブリかつを重(800円)』・・・紹介記事はこちら
いわき湯本温泉
↑いわき湯本温泉・・・気温や気圧によって、お湯の色が微妙に変わるんですよ。
硫黄泉でとっても泉質が良いんです
夏場は温度調整して熱すぎることはありませんので、汗をかいた体をサッパリさせて帰路についてみては?

上記のコースに関して、お問い合せは当案内所までお寄せ下さい。
なおお店の予約や手配は行っておりませんので、ご了承下さい。

 0246-23-0122 10:00~18:00



6月22日(水) 今日のお天気と「いわきを応援!日帰りの旅」その1

昨日午後の雷雨はどこへやら・・・

雲はあるものの青空も広がり、気温もぐんぐんと上昇しています
日焼け対策と熱中症対策をしっかりして、元気に過ごしましょう


「被災地域へボランティアに行きたいけど、体力的に心配・・・または無理」「子供が小さいので行けない」など、何か貢献したいと思っていても、なかなか出来ない皆さんも多いでしょう。

そんな中でのひとつの貢献となるのが「旅行」です。

これから何回かに渡って、案内所スタッフがお勧めする日帰りの旅コースをご紹介します。

(現在いわき市内では、災害復旧や原発事故対応、ボランティア、被災者受け入れ等で宿泊施設は満室のところが多くなっています。宿泊が難しい状況にあるため、日帰りの旅でご案内いたします)

第1回目はこちら↓
≪いわき市の北部を巡るレンタカーの旅≫

JR上野駅スーパーひたち3号いわき駅レンタカーへ乗り換え
7:00発------------9:23着

 ※いわき駅周辺にはレンタカー会社が多数有り。ただ念のため、事前の予約をお勧めします。
  JRの「トレン太くん」利用なら、JR乗車券が20%割引などお得になります。
  詳しくは
こちら 
いわき駅------------小玉ダム散策------------草野心平記念文学館
9:30発
(約30分)
10:00  10:25
(約5分)
10:30    11:30

-----------昼食
峨廊庵(そば)
-----------夏井川渓谷ドライブ
川前駅で折り返し
-----------
(約20分)
11:50  12:50
(0分)
12:50  13:30
(約40分)

国宝
白水阿弥陀堂
-----------いわき湯本温泉
日帰り入浴
-----------JRいわき駅
レンタカー返却
14:10  14:50
約15分
15:05  16:05
約25分
16:30着

 ※列車への乗車まではいわき駅前ラトブやいわき駅ビル等で、お土産のお買い物をお楽しみください!
JRいわき駅スーパーひたち54号JR上野駅
17:16発------------19:36着

※なおこのお勧めコースは平成23年6月22日現在の情報で紹介しています。

阿弥陀堂阿弥陀堂アジサイ
夏の阿弥陀堂はこんな↑雰囲気で、間もなくアジサイが見頃を迎えます。
そのあとは古代ハスのシーズンです!

上記のコースに関して、お問い合せは当案内所(0246-23-0122)までお電話下さい。
列車やレンタカーの手配は行っておりませんので、ご了承下さい。