9月10日(火) いわき市内のアートな話題

9月10日アートな話題

青空が広がるいわき市
空気はカラッとしていて過ごしやすい1日となっております。
朝晩はひんやりと肌寒くなってきましたね。
夏の疲れもでやすい時期ですので、体調管理には十分にご注意ください


さて本日は、アートな話題をご紹介いたします。
まず、いわき市立美術館で開催中の「hakobuneプロジェクト歩く方舟──いわきへ…。瀬戸内より」からご紹介いたします。
hakobuneプロジェクトは、美術家・山口啓介さんがつくる大型の木彫作品「歩く方舟」を中心としたプロジェクト。
旧約聖書のノアの方舟を原典にした作品「歩く方舟」は、現代における自然と人間の再生を明示し、危うい大地にこそ生まれる人間の創造力、未来への希望を体現する存在として、3.11以降を生きる私たちにとって示唆に富むものとなることでしょう。
「瀬戸内国際芸術祭2013」と連携し、瀬戸内からいわきへと「歩く方舟」が大きなミッションのために自らの脚で移動するというストーリーを実現させようとする今回のプロジェクトは、山口の表現に内在する時間的、距離的な広がりをよりリアルに展開する試みです。
いわき市立美術館ホームページより転載いたしました。

会 期 ~平成25年9月16日(月・祝)
時 間 9:30~17:00 最終入館16:30まで
会 場 いわき市立美術館1階ロビー
観覧料 無料

より大きな地図で いわき市立美術館 を表示

【お問い合わせ先】
いわき市立美術館
電話 0246-25-1111

《お知らせ》
いわき市立美術館は空調設備の改修工事を行うため、平成25年9月17日(火)~11月14日(金)まで臨時休館いたします。ご注意ください。


続いて、展覧会「F.ライン ~福島へ~」をご紹介いたします。
この展覧会は、福島県出身・在住また賛同する県外の学生や若者が集まり、『福島へ』という同じテーマの作品を展示しているそうです。
いわき市立田人第二小学校の児童の作品も展示されております。
作品は絵画、写真、書など様々ですが、震災を経験し、これからを担う若者達がふるさとに対しどんな想いを抱いているのかを作品を通して感じていただけるのではないでしょうか?
ぜひ、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

会 期 平成25年9月15日(水)
時 間 10:30~18:00 最終日は16:00まで
場 所 ART SPACE ELICONA(アートスペース エリコーナ-)

より大きな地図で ART SPACE ELICONA を表示

【お問い合わせ先】
F.ライン実行委員会
代表 安藤 さん 
電話 090-9680-4451


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト