FC2ブログ

平城さくらまつりへ行ってきました! [平成27年4月12日(日)更新]

TOp

朝から晴れていましたが、曇り空へと変わりだしたいわき市です。
本日の日中はお天気に恵まれ、市内各所ではさくらまつりなどのイベントが行われました。
絶好のお出かけ日和でイベントを楽しまれた方も多かったことでしょう。

本日の話題です。
4月1日(水)から限定開園が始まった磐城平城本丸跡地。
本日は本丸跡地にて「平城・さくらまつり」の二日目が開催されました!
さくらまつりへスタッフが取材してまいりました。

JRいわき駅から徒歩約5分。
暖かな陽気に包まれながら歩を進めます。
正門前-023
絵図-012

全景-024
会場からは一打の会による太鼓の演奏が鳴り響き、多くのお客様で賑わっておりました。

一打の会
アート-001

桜が舞い散るステージで、一打の会の皆さんによる太鼓の演奏。
椅子やレジャーシートに腰掛け、お客様は演奏を聞き入っていました。
子供達はワークショップの絵画アートやいたずらアートに夢中の様子。

旧仮藩庁

旧仮藩庁は、戊辰戦争後に磐城平城が廃城となった後に安藤信勇が知藩事となり政務をおこなった場所です。
今で言うところの、役所のような場所ですね。

パネル展-004

中ではいわき総合図書館で昨年開催された「いわき四藩のお殿様展」で展示されたいわきのお殿様の変遷がまとめられたパネルが展示されています。

書道教室-021
華道-011
お茶会-002
旧磐平藩主安藤対馬守伝来「御家流 呈茶席」の他書道や華道体験コーナーも設けられ、書道体験ではお客様が静かに筆を取り、お手本にあわせて書をしたためておりました。

復元模型-039
復元模型2-040

旧仮藩庁へ多くのお客様が入場し、ひときわ注目を集めていたのは磐城平城の復元模型です。
永山暢重さんが5年の歳月をかけて作り上げた渾身の作品です。
本丸や武家屋敷、街の様子が事細かに再現されており、LED点灯ボタンを押せばどの場所に何があったかが一目瞭然です。

ゆうもさん

旧仮藩庁を出てステージへ戻ると、いわき芸能倶楽部の悠雲(ゆうも)さんによるパフォーマンス披露の真っ最中。
バルーンアートやナイフジャグリング、ヨーヨーや中国ゴマなど、ドキドキハラハラのパフォーマンスと悠雲さんの楽しいお喋りにお客様も夢中です。

本丸跡地を散策するスタッフ。
南物見台へ登って眺めるいわきの街並み。

南物見台からの眺め (4)-034

普段見ることが出来ない貴重な眺めです。
南物見台からの眺め (3)-033
南物見台からの眺め (2)-032

物見岡稲荷神社

旧仮藩庁の裏側には物見岡稲荷神社(ものみがおかいなりじんじゃ)があります。
勧請年代は不明ですが、慶長7年(西暦1602年)に鳥居忠政が磐城平城をここに建てる事を決めた地に稲荷が祀られていたそうです。
稲荷神社はそのまま残され、鳥居氏以後の城主も代々崇敬したそうです。

白蛇掘への道-036

少し移動し、白蛇掘(はくじゃぼり)へと進みます。
昨日の雨で少しぬかるんでいましたが、足元にシートがひかれ安心して歩けました。

湧き水-044
湧き水2-045

道中にある湧き水。
石垣の間から静かに染み出す湧き水を眺めているとどこか安心します。
この湧き水でお殿様がお茶をたてていたという言い伝えが残っており、一体どんな味がしたのでしょうね。

白蛇掘-035
ニリンソウ-003
自然豊かに多種多様な植物が植えられており、春を感じられます。
道端にはニリンソウを見つけました。
白い可憐な花が2つずつ仲良く咲いているのが愛らしいです。

東物見台-030

白蛇掘を更に進むと、東物見台へ出ます。
のびのびとした眺めと、穏やかな風が吹きずっと見ていたいですね。
かつてここにお城があった時代、ここに住んでいた人々はどんな未来を想像したのでしょうか?

ヨーカドー

白蛇掘を出て、会場に再び戻るとイトーヨーカドーの移動販売車がお弁当やおにぎり、フランクフルトや飲み物を販売しておりました。
他にも子供たちの大好きなシャボン玉やなわとびなど、おもちゃも販売しており買ってすぐ遊べるのが嬉しいですね。
購入したお弁当などを桜を見ながら美味しそうに頬張ってるお客様の表情をみているとこちらも嬉しくなります。

丹後沢公園-025

会場が盛り上がりを見せる中、その場を後にしたスタッフ。
帰りに丹後沢公園へと足を運んでみました。
公園の遊具が設置されている広場では桜が満開に!
シートを広げ、のんびりとお花見をする方々が多く「桜が綺麗な場所がここにもあったんだ!」と、驚かれている方もおり、のんびりと園内を散策して癒されているようでした。

丹後沢公園2-026
丹後沢公園4-028

お天気にも恵まれ、絶好のイベントとお花見日和でした。
次の土・日曜日も本丸跡地は解放されます。
桜は散ってしまっているかもしれませんが、磐城平城本丸跡地は普段中々見ることが出来ない貴重な機会ですので是非足を運んでみてください

《関連記事》
「磐城平城本丸跡地」4月1日より限定開園! [平成27年3月30日(月)更新]


平成27年いわき市内桜開花状況について
平成27年いわき市内桜まつりについて


また、いわき市総合観光案内所スタッフブログには「いわき巡り自然編」カテゴリーがあるのはご存知でしょうか。
いわき市内の桜の名所を多数ご紹介しておりますので、こちらもぜひご覧下さい


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト