fc2ブログ

週末イベント情報 [平成28年2月19日(金)更新]

週末イベント情報 [平成28年2月19日(金)更新]2


雲一つない綺麗な青空が広がるいわき市です。
朝は冷え込みましたが、日中は気温が上がり、春めいた陽気とのこと。
こうなってくると気になるのが花粉ですね…。
何やら鼻のムズムズ感に絶え間なく襲われているスタッフです。


さて、今週末のイベント情報をお伝えいたします。
現在、環境水族館アクアマリンふくしまでは「アクアマリンのひな祭り」が開催されており、館内にるし雛飾りが華やかに飾られております。今週末の21日(日)は「ちりめん細工体験教室」が開催されますので、この機会にぜひ体験されてみてはいかがでしょうか。

いわき・ら・ら・ミュウ ら・ら・ミュウ市
魚屋や飲食店など館内の各お店にて、当日のみのお買い得品やお勧め品など、当日限定のサービスが満載!毎月第3日曜日に開催致します。
日時:平成28年2月21日(日)午前9時から
場所:館内各所
【お問い合わせ先】
いわき・ら・ら・ミュウ
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町43-1
電話:0246-92-3701
ホームページ:http://www.lalamew.jp/index.php

いわき市暮らしの伝承郷 年中行事「おひなさま」
伝承郷休憩コーナーに市民の方々より寄贈されたひな人形を展示します。
会期:平成28年2月21日(日)~3月6日(日)※毎週火曜日休館
【お問い合わせ先】
いわき市暮らしの伝承郷
住所:福島県いわき市鹿島町下矢田字散野14-16
電話:0246-29-2230
開園時間:10月~3月の期間は午前9時~午後4時30分まで 入園は午後4時まで
観覧料:一般330円/高・大学生210円/小・中学生170円
ホームページ:http://www.denshogo.jp/

いわき市アンモナイトセンター「装飾型アンモナイト ヤベイセラス化石展」
いわき市北部から双葉郡南部に分布する上部白亜系双葉層郡から発見された、日本を代表する最も有名なアンモナイト「ヤベイセラス」の謎を探ります。
ヤベイセラスは装飾型アンモナイトの一種であり、国内産出のヤベイセラス約10点と解説パネルを展示するほか、双葉層群の発見と常磐炭田地質研究で知られる徳永重康博士の功績を紹介します。
会期中の2月21日(日)は関連イベントとして福島県いわき海浜自然の家にて講演会「ヤベイセラスが語る」「徳永重康博士と双葉層群の研究史 -小畠郁生博士とフタバスズキリュウの発見-」が行われるほか、無料体験学習会、昼食バイキングが行われます。事前申し込み制となり、海浜自然の家へ電話もしくはファックスにてお申し込みください。
会期:平成28年2月18日(木)~3月13日(日)
【お問い合わせ先】
いわき市アンモナイトセンター
住所:福島県いわき市大久町大久字鶴房147-2
電話:0246-82-4561
ホームページ:http://ammonite-center.jp/

いわき市勿来関文学歴史館 企画展「ふくしまの歌人」
門間春雄、伊藤佐千夫、結城哀草果(ゆうきあいそうか)などの短冊、さらに斎藤茂吉の歌碑拓本の他、福島県で活動した人々の短歌を展示いたします。
会期:平成28年2月18日(木)~5月17日(火)※3月16日(水)・4月20日(水)休館
観覧時間:午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで
観覧料:一般 320円/中・高・高専・大生 220円/小生 160円
【お問い合わせ先】
いわき市勿来関文学歴史館
住所:福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
電話:0246-65-6166
ホームページ:http://iwakicity-park.or.jp/nbr

環境水族館アクアマリンふくしま「アクアマリンのひな祭り」
3階オセアニック・ガレリアを会場に中之作の縮緬細工教室「ままや」の生徒さん達が作り上げたつるし雛飾りが華やかに飾られます。子ども達の成長と健康を願って毎年展示されており、アクアマリンならではの海の生き物たちが盛り込まれたつるし雛が館内を彩ります。
会期中は「ちりめん細工体験教室」2月21日(日)・27日(土)・28日(日)の3回催されます。
会期:平成28年2月13日(土)~3月3日(木)
開館時間:午前9時~午後5時 ※冬期開館時間、入館は午後4時まで
観覧料:一般 1,800円/小~高校生 900円
《ちりめん細工体験教室》
日時:平成28年2月21日(日)・27日(土)・28日(日)午前10時~11時30分/午後1時~3時※材料がなくなり次第終了
制作費:500円
【お問い合わせ先】
環境水族館アクアマリンふくしま
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町50
電話:0246-73-2525
ホームページ:http://www.marine.fks.ed.jp/index.htm

いわき市立美術館 第45回いわき市民美術展覧会
いわき市民より書、絵画・彫塑、陶芸、写真の作品を公募し、公開する「市美展」。いわきの美術文化の発展を目的として行っている公募展で、観覧料は無料です。
なお、それぞれの部で会期中に解説会や批評会が行なわれます。
会期:平成28年2月5日(金)~3月13日(日)※毎週月曜日休館
書の部…2月5日(金)~14日(日)/絵画・彫塑の部…2月20日(土)~28日(日)/陶芸・写真の部…3月4日(金)~13日(日)
開館時間:午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで
観覧料:無料
【お問い合わせ先】
いわき市立美術館
住所:福島県いわき市平字堂根町4-4
電話:0246-25-1111
ホームページ:http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html

いわき市考古資料館 平成27年度第Ⅲ回企画展「道具の歴史Ⅱ-遺跡から出土した石の道具-」
遺跡から出土したいろいろな道具に焦点をあてた企画であり、石で作られた道具がその変換や流通の中でどのように人々と関わっていたのかを考えていきます。
会期:平成28年1月20日(水)~3月21日(月)
開館時間:午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで
入館料:無料
【お問い合わせ先】
いわき市考古資料館
住所:福島県いわき市常磐藤原町手這50-1
電話:0246-43-0391
ホームページ:http://www.iwaki-koukoshiryoukan.jp/

いわき市立草野心平記念文学館 所蔵品展「草野心平のスケッチ」
かえるの詩人として知られる草野心平は詩などに限らず多彩に創作活動に励み、水彩画やスケッチ、油彩画などを手がけました。
今回の企画展では心平のスケッチを取り上げる他、心平が飼っていた鷹の高蔵のパステル画や関連資料約70点を展示します。
会期:平成28年1月9日(土)~3月27日(日)※毎週月曜日休館
開館時間:午前9時~午後5時まで ※入館は午後4時30分まで
観覧料:一般 430円/高・高専・大生 320円/小・中生 160円
【お問い合わせ先】
いわき市立草野心平記念文学館
住所:福島県いわき市小川町高萩字下タ道1-39
電話:0246-83-0005
ホームページ:http://k-shimpei.jp/

いわき総合図書館
常設展「磐梯山ジオパーク展~磐梯山ジオパークがつなぐ、大地と自然と人の物語~」
全国にあるジオパークの魅力や「磐梯山ジオパーク」の歴史や見どころ、楽しみ方を紹介したパネルなどを展示しております。
会期:平成28年1月26日(火)~5月29日(日)
会場:いわき総合図書館5階郷土資料常設展示コーナー
2月総合図書館上映会
毎月第1・第3土曜日に上映会を開催しており、今月は「蝉しぐれ」を上映いたします。
日時:平成28年2月20日(土)午後2時から
会場:いわき総合図書館4階会議室
入場料:無料 ※先着40名程度
【お問い合わせ先】
いわき総合図書館
住所:福島県いわき市平字田町120/電話:0246-22-5552
開館時間:午前10時~午後9時(日・祝 午前10時~午後6時)
休館日:毎月最終月曜日
ホームページ:http://library.city.iwaki.fukushima.jp/




++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++

いわき市考古資料館 道具の歴史2-遺跡から出土した石の道具- 開催中! [平成28年2月18日(木)更新]

考古資料館 道具の歴史

風が冷たいですが本日も快晴のいわき市。
空気が乾燥しているためか金属に触れるとバチィッ!と静電気が走ります…。
今日はこれから曇り空へと変わっていくとの事。お天気がいいうちに日光浴もいいですね。


本日の話題です
いわき市考古資料館にて平成27年度第3回企画展「道具の歴史2-遺跡から出土した石の道具-」を来月3月21日(月)まで開催中です。

私達の現代の生活において、食べ物を得るには仕事でお金を稼ぎ、スーパーや商店へ行けば果物やお肉、魚やお米などが手に入ります。
今からさかのぼる事私達が生まれる遥か一万数千年前の人類は、狩猟生活をメインに自分達で食料を採取していました。
その中でも欠かせなかったのが石の道具「石器」ではないでしょうか。
あるのもはナイフのように鋭利であったり、またあるものは皮をなめすのに最適な形であったりと生活に欠かすことのできない石器がいわき市内各所から発掘されています。
その作りと発想は現代人では真似ることが出来ない程精工と言われております。

現代とは違い電気やガス、コンピューターなどが無い時代、私たちの祖先はどのような暮らしぶりをしていたのか。
旧石器、縄文、弥生時代などで使われていた石器を展示し、生活と道具の関わりなどをパネルで展示しております。

入館料は無料となっております。
私達の現代にもつながる先人たちのツールをじっくりとご覧ください。

会期
平成28年1月20日(水)~3月21日(月)
会場
いわき市考古資料館(いわき市常磐藤原町手這50-1)



【お問い合わせ先】
いわき市考古資料館
住所:福島県いわき市常磐藤原町手這50-1
電話:0246-43-0391
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:無料/休館日:毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)
HP:http://www.iwaki-koukoshiryoukan.jp/index.html

++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++

中之作つるし雛飾りまつりレポート! [平成28年2月17日(水)更新]

TOP_20160217125107a2f.jpg

快晴の空が広がるいわき市、今朝は昨日と比べ暖かく感じます。
お日さまがポカポカ、風も少なくこんなお天気の日にはどこかにお散歩などしたくなりますね♪
予報によると晴れ時々曇りとの事、雨の心配も無さそうです。


本日の話題です。
今月2月6日(土)~8日(月)の三日間、中之作の早春の風物詩となったつるし雛飾りまつりが開催されました。
今年で12年目を迎えたつるし雛飾り祭り、最終日にスタッフも足を運んでみました!

屋台

イベント最終日、天気はあいにくの曇り空、時折雨がぱらぱらっと降っていました。
そんな天候をものともせず…遠目から見ても賑やかさが分かるメイン会場清航館!
周囲には、干し芋に古着や和雑貨、ケバブや大判焼きなどの屋台が!

水産加工業

反対側には中之作水産加工業協同組合さんのうに飯やあなご飯、ぷりっぷりのタラコなど。
ううーん、おいしそう…♪

清航館には入口にお客さんが溢れる程の賑わいでしたので、先に周辺のつるし雛を楽しもうと移動。

周囲1

周辺

周囲3

赤や白、黄色や緑などなど…軒先が明るく見えますね。

清航館1

メイン会場へと戻って来たスタッフ。
会場では振舞の甘酒を美味しそうに飲む人も♪
入場料の100円を受付で渡して、いざ清航館へ!

清航館へ

清航館2

清航館5


エビ

エビ…!エビです…!!こんなにも細やかな雛飾りもあるのですね…!

清航館3

清航館の中へ。
ひな飾りに包まれているかのような気持ちになる沢山のつるし雛。

清航館4

お雛様

雛人形の周りにも、桃や藤の花、鶴などのつるし雛が飾られています。

大つるし雛

そして直径120㎝、長さ300㎝の大飾り!
大つるし雛下から

圧巻です。

「これ、ひとつひとつ手作りなの?!」
「すごいねぇ~」
「綺麗だねぇ」

あちこちから感動の声が上がります。
古民家の木の床の感触を足の裏で感じ、木の香りを鼻で楽しみつるし雛の鮮やかさを目で楽しむ…
日本の和を感じられる、ほっと癒されるようなひと時でした。

女の子の幸せと成長を願ってお祝いするひな祭り。
一つひとつ、一針ずつ心を込めて丁寧に作られる雛人形の温かさが来場したお客様にも伝わっているようでした。
また来年の開催も楽しみです♪

【お問い合わせ先】
ままや 
電話:0246-55-6280
中之作プロジェクト事務局 
電話:0246-55-8177
HP:http://toyorder.p1.bindsite.jp/nakanosaku/index.html

《交通アクセス》
車:常磐自動車道いわき湯本インターチェンジより県道14号・66号・15号線経由で約27分
列車:JR常磐線泉駅下車、江名経由いわき駅行きバス川岸バス停下車、徒歩すぐ

《つるし雛飾り祭り過去記事》
つるし雛飾り祭りレポート [平成24年2月5日(日)更新]
中之作「つるし雛飾り祭り」の様子をご紹介いたします! [平成25年2月4日(月)更新]
中之作「つるし雛飾り祭り」レポート! [平成26年2月3日(月)更新]
・中之作つるし雛飾りまつりレポート! [平成27年2月1日(日)更新]

++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++

いわき市のパワースポットレイライン~いわきに聖地はあるのか?!~講演会参加者募集中! [平成28年2月16日(火)更新]

Blog.jpg

雲一つもない清々しい青空のいわき市。
昨日よりもまた一層寒さが厳しく感じます。急激な気温の変化に体調も崩しがちです。
お出かけの際には暖かくしてお出かけください。


本日の話題です。
今月2月19日(金)いわき市文化センターにて「いわき市のパワースポットレイライン~いわきに聖地はあるのか?!」講演会が開催されます。

講演会は2部制となっており、第1部ではレイラインの達人 内田一成さんをお迎えしいわき市のレイラインの調査報告のお話をして頂きます。
GPSやデジタルマップを駆使しその土地が持つ独特の「地霊」などを調査する”レイラインの達人”から、いわき市のどんなパワースポットのお話が聞けるのでしょうか。
いわきに住んでいても知らなかったような、不思議なスポットの発見につながるかも…?!

そして第2部では「いわき市の聖地としての可能性」と題し、内田一成さんをはじめいわき地域学会副代表幹事の夏井芳徳さん、TBSビジョン イベントプロデューサーの澤田智幸さんを交えトークセッションをしていただきます。

いわき市内に100か所以上点在する神社や寺院、山などにまつわるレイラインから導き出されるいわきに秘められたメッセージを解き明かしましょう!
そもそもレイラインとは…?!点と点が一つの線で結ばれたとき、何が起こるのか?!
パワースポットに興味がある方、神社や寺院が好きな方など必聴です!

参加を希望される方は事前申込となります。
募集枠はまだ余裕がありますので、どしどしご応募頂ければと思います!
皆様のご参加お待ちしております。

開催日時
平成28年2月19日(金)午後6時~7時40分
会場
いわき市文化センター 4階大会議室(2)(いわき市平字堂根町1-4)

第1部 午後6時~午後7時
・講演会「いわき市のレイラインの調査報告」
講師
内田 一成氏(レイラインプロジェクト代表)

第2部 午後7時10分~7時40分 
・トークセション「いわき市の聖地としての可能性」
参加者
夏井 芳徳氏(いわき地域学会副代表幹事)
澤田 智幸氏(TBSビジョン イベントプロデューサー)
内田 一成氏(レイラインプロジェクト代表)
※内容等は変更になる場合がございます。ご了承ください。

参加費:無料

参加申し込み方法
申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。

チラシ・申込用紙のダウンロードはこちらから <申込用紙(PDF)>



【お問い合わせ先】
一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー
電話:0246-44-6545/0246-44-6546

++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++

いわき市アンモナイトセンター企画展「装飾型アンモナイト ヤベイセラス化石展」18日(木)より開催! [平成28年2月15日(月)更新]

いわき市アンモナイトセンター「装飾型アンモナイト-ヤベイセラス化石展」


空一面が灰色の雲で覆われ、寒々しいお天気のいわき市です。
昨日は「第7回いわきサンシャインマラソン」が無事終了いたしました。
参加されたランナーの皆様、ボランティア・運営スタッフの皆様、昨日は本当にお疲れさまでした。
今年はあいにくのお天気でしたが、来年はサンシャインとなりますように!!


さて、本日はいわき市アンモナイトセンターで開催される企画展「装飾型アンモナイト ヤベイセラス化石展」をご紹介いたします。

今回の企画展ではいわき市北部から双葉郡南部に分布する上部白亜系双葉層郡から発見された、日本を代表する最も有名なアンモナイト「ヤベイセラス」の謎を探ります。
ヤベイセラスは装飾型アンモナイトの一種であり、ヤベイセラス約10点と解説パネルを展示するほか、双葉層群の発見と常磐炭田地質研究で知られる徳永重康博士の功績を紹介します。
徳永博士は明治から昭和初期にかけて活躍された地質学・古生物学者です。大正時代に徳永博士がが発見し、双葉層と命名されました。
化石の発見と言っても、誰がいつ発見その層から、またその層を発見したのか…なかなか知る機会がありません。

また、会期中の2月21日(日)は福島県いわき海浜自然の家といわき市アンモナイトセンターの2会場で「関連イベント」が催されます。
いわき海浜自然の家では講演会、無料体験学習会、昼食バイキングが、アンモナイトセンターではヤベイセラス展見学会と体験発掘が行われます。
昼食バイキングと無料体験学習会(ゆるキャラづくり)は事前申し込み制となっておりますので、2月19日(金)までに海浜自然の家へ電話にてお申し込みください。

国内産出のヤベイセラスを一堂に展示する今回の企画展です。
ぜひ親子で楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか。


いわき市アンモナイトセンター企画展「装飾型アンモナイト ヤベイセラス化石展」
会期:平成28年2月18日(木)~3月13日(日)
開館時間:午前9時~午後5時 最終入館は午後4時30分まで
休館日:毎週月曜日
入館料:一般 250円/大学・高専・高校生 190円/中・小学生 100円
体験発掘を含む入館料:一般 710円/大学・高専・高校生 550円/中・小学生 350円

《関連イベント》
開催日:平成28年2月21日(日)
会場:福島県いわき海浜自然の家(福島県いわき市久之浜町田之網字向山53/0246-32-7700)/いわき市アンモナイトセンター

いわき市アンモナイトセンター「装飾型アンモナイト-ヤベイセラス化石展」2

[会場:福島県いわき海浜自然の家]
講演会 時間:午前10時~正午
・「ヤベイセラスが語る」 二上政夫さん(川村学園女子大学)
・「徳永重康博士と双葉層郡の研究史-小畠郁生博士とフタバスズキリュウの発見-」 鈴木直さん(公益財団法人いわき市教育文化事業団
無料体験会 時間:午前10時~正午
・ゆるキャラづくり ※事前申し込み・先着50名
・化石クイズ ※賞品あり
・恐竜ぬりえ
昼食バイキング 時間:正午~午後1時 ※事前申し込み・100食
 昼食料:一般 490円/大学・高専・高校生 490円/中学生 490円/小学生 470円/就学前 370円

[会場:いわき市アンモナイトセンター]
ヤベイセラス展見学会と体験発掘 時間:午後1時30分~3時



【お問い合わせ先】
いわき市アンモナイトセンター
住所:福島県いわき市大久町大久字鶴房147-2
電話:0246-82-4561
ホームページ:http://ammonite-center.jp/






++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++