3月18日(月) 『週末アートスクール「詩人・和合亮一さんと作る海の詩・いわきの詩」』が開催されました。

生暖かい風が吹くいわき市です。
現在いわき市には暴風警報が出ており、夕方から夜にかけて雨が降る予報です。
今後の天候にはくれぐれもご注意ください。

平中平窪にある常勝院の八房の梅
ここ数日の暖かさに誘われ、つぼみがだいぶ膨らんできました
見頃が楽しみですね

常勝院1

常勝院2

真言宗智山派 常勝院
住所:福島県いわき市平中平窪字岩間61
電話:0246-23-3858



さて、2月25日のブログでご紹介した『週末アートスクール「詩人・和合亮一さんと作る海の詩・いわきの詩」』。

詩人・和合亮一さんと共に、アクアマリンふくしまで感じたことを詩にし、朗読するというワークショップで、3月16日(土)・17日(日)の2日間開催されました。
本日は17日にいわき市立草野心平記念文学館で行われた朗読ワークショップの様子をご紹介いたします。
週末アートスクール1

週末アートスクール2

海の映像と波の音をバックに、参加者一人一人が作詩したものを壇上で発表します。
週末アートスクール4

週末アートスクール5

「海」というキーワードから言葉が生まれ、優しく、力強く、そっと静かに語る、この様子にぐっと引きこまれました。

今回ワークショップ参加の最高齢は今年80歳!
「私は井の中の蛙だから何も知らないの…」とおっしゃっていましたが、思い出が刻まれた掌からたくさんの言葉が溢れ出ていました。
週末アートスクール6

福島県福島市出身の和合亮一さん。
最後に参加者へ…
作品に、言葉に触れて、海の広さと青さを改めて感じることが出来ました。
震災から2年。
辛い現実もあると思いますが、故郷をあきらめない、生きていくと決めた私達。
その思いを、決意を詩に込めるということがみなさんの作品の中に感じられました。
海を見つめて何かを始める。
その一つが詩を書く、物を作るということだったのではないかと思います。
こう話されていらっしゃいました。
週末アートスクール3

館内には絵本コーナーや詩作コーナーもあり、年代を問わず詩に触れることができます。
心に浮かんだフレーズを文字にしてみる…そんな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
いわき市立草野心平記念文学館 ホームページ

週末アートスクール8

週末アートスクール7
スポンサーサイト