8月1日(木) 千石船「みちのく丸」小名浜港へ寄港しました!

千石船
今日から8月ですが、曇り空のいわき市。
時々ザーッと雨が降る予報が出ておりますので、傘を持ってお出かけください

いわき市内 海水浴情報
8月1日(木)午前10時現在
勿来海水浴場 遊泳可能 四倉海水浴場 遊泳可能

《空間線量(午前9時現在)》
勿来海水浴場 第一監視塔 0.077μSv/h・第二監視塔0.052μSv/h
四倉海水浴場 0.054μSv/h

【海水浴場についてお問い合わせ先】
いわき市役所商工観光部観光交流課 電話 0246-22-7480



さて昨日、小名浜港1号埠頭に寄港した千石船「みちのく丸」
多くの方が、みちのく丸を見に来ていました

9時ごろに入港し、10時頃からは入港式典が行われました。
みちのく丸は、失われつつある日本古来の和船の建造技術や構造の発達過程を紹介、さらには「北前船」の歴史や文化を後世に伝えるきっかけとなることを願って、
財団法人みちのく北方漁船博物館財団が建造した船。
千石船2
東日本大震災の犠牲者を慰霊、黙とうも行われました。
千石船3

千石船4

千石船11

千石船7

千石船5
船にはいろいろな装飾が施されていました。
全長32m、全幅8.5m、帆柱までの高さ28m
千石船が最も活躍した時代は、江戸時代後期から明治40年代頃なんだとか。
装飾
また午後からは「港内展帆」も行われました。
小名浜港沖で高さ28mの柱に白い帆が張られた船は圧巻
千石船12

千石船8

千石船9

本日は16時まで船内の一般公開が行われております。
8月2日(金)の午後には東京へ出港する予定するため、東北では小名浜港が最後の寄港とのことです。
東日本大震災の犠牲者を慰霊し、被災地の早期復興を願う千石船「みちのく丸」をぜひ、間近でご覧になってみてはいかがでしょうか

みちのく丸船内の一般公開
日時
平成25年8月1日(木)10時~16時まで
平成25年8月2日(金)10時~正午まで
場所 小名浜港1号埠頭
毎回20名程度の入れ替え制で、見学申し込みは直接、現地で順次受け付けております。
※安全面から帆を張る作業はおこなわれません。

【お問合せ先】
福島民報社広告局企画推進部 
電話 024-531-4161


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト