平成25年10月30日(水) 駅からハイキング「生誕200年記念 いわきの石炭の父・片寄平蔵ゆかりの地を巡る 」

駅からハイキング(内郷)1

昨夜の雨もあがり、青空のいわき市。
午後にはにわか雨の予報が出ています。
念のため、折りたたみ傘など雨具をもってお出かけください。

JR磐越東線の川前~江田駅間では紅葉徐行運転を現在行っております。
11月4日(月)まで車窓から紅葉を楽しんで頂けるよう一部列車の速度を下げて運転しています。
色づき始めた夏井川渓谷をお楽しみください

期間:~平成25年11月4日(月)まで
区間:JR磐越東線 川前・江田間の2.2kmの区間 (いわき起点19k300mから21k500m付近)
列車:上下6本(下り3本・上り3本)
下り上り
いわき発郡山発郡山発いわき発
8:4110:178:009:37
13:1314:4813:1814:52
15:4117:1715:1016:41


四季折々の景色を味わいながら気軽に参加できる「駅からハイキング」。
先日は「震災から復興へ、いわきの沿岸を歩く」をご案内させていただきました。

本日は「生誕200年記念 いわきの石炭の父・片寄平蔵ゆかりの地を巡る」をご紹介させていただきます。
JR常磐線内郷駅をスタートし、福島県の建造物として唯一国宝に指定されている白水阿弥陀堂や 常磐炭田発祥の地を巡ります。
現在は石碑と石段が現存するのみの内郷山神社とすぐそばにはローマの円形劇場を彷彿するつくりの相撲場を見学。
徳尼御前を祭神としている常盤神社、願成寺を見学したあとは、炭坑(スミ)の道を歩きます。
駅からハイキング(内郷)3

炭坑(スミ)の道とは常磐炭田発祥の地である「みろく沢」と国宝白水阿弥陀堂を結ぶ遊歩道で、江戸時代の石炭事業の遺跡を巡ります。
駅からハイキング(内郷)2

駅からハイキング(内郷)4

約2時間(約7.5キロ)のコース。
国宝白水阿弥陀堂駐車場では物産展を開催しており、地元ボランティアガイドによる史跡等の案内・説明もあります。
秋の景色を楽しみながら、内郷地区の歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

開催日:平成25年11月17日(日)
起点駅・受付場所:JR常磐線内郷駅 ※受付時間内に駅前までお集まり下さい。
受付時間:午前8時30分~午前10時
応募締切:平成25年11月13日(木)まで。募集定員は200名とし、定員に達した場合は締め切りとなります。

※国宝白水阿弥陀堂の拝観の際には観覧料が別途必要となります。
拝観される方は現地で各自お支払いください。
拝観料:大人400円/子供250円

《コース内容》
内郷駅(スタート)→内郷山神社跡・相撲場→常盤神社→願成寺→炭坑(スミ)の道→みろく沢炭鉱資料館→つるしの観音→高野不動尊→内郷駅(ゴール)

より大きな地図で 駅からハイキング「生誕200年記念 いわきの石炭の父・片寄平蔵ゆかりの地を巡る 」 を表示

《イベント参加方法》
下記に掲載の駅からハイキング事務局へ直接お申込みいただくが、インターネット・携帯サイトで参加予約が可能です。
詳しくは駅からハイキングホームページをご覧ください。


【お問い合わせ先】
駅からハイキング事務局
電話:03-5719-3777
受付時間:月~金曜日の午前10時~午後5時まで(祝日を除く)


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト