大國魂神社前の鳥小屋レポート! [平成27年1月12日(月・祝)更新]

TOP_201501121409221c2.jpg

スッキリとした青空に、白い雲が見え始めたいわき市。
昨晩から非常に冷え込んでおり、朝は車や路面に凍結が見られました。
歩行・走行の際にはくれぐれもご注意ください。

本日は成人の日。
新成人の皆様、おめでとうございます!
昨日は市内各所で成人式が行われ、大人の仲間入りですね。
皆様のこれからの人生が幸多いものになりますように。

本日の話題です。
平成27年1月8日(木)平菅波の大國魂神社にて行われた「鳥小屋」レポート!
鳥小屋」とは、竹で組んだ骨組みにワラやススキなどで壁を作り、屋根には燃えやすいモミなどを使って作られる小屋のこと。
一般的にはどんど焼きとも言われておりいわきの小正月行事です。
本来は、田んぼなどを荒らす害鳥を追い払うために行われていたのだとか。



1月8日(木)の早朝。
実は鳥小屋をこれまで直接見たことの無いスタッフ。
大國魂神社前のうぶすな広場へ向かいます。

鳥小屋

おお、おおおお!
これが鳥小屋…!!大きいですね。
名前からは想像できない大きさに興奮を覚えます。
乾かされたワラやササがめいっぱい壁に使われており、遠くから見るとホワホワと柔らかそうな印象。
大きなしめ縄がついており、こちらはゴボウと呼ばれています。

ぼんでん

鳥小屋からにょっきりと天高く伸びる竹。
こちらは「梵天(ぼんでん)」といい、書初めや正月飾りをつけて上に上がれば上がるほど字が上達するのだとか…。
鳥小屋の隣には、役目を終えた正月飾りが山のように置かれています。
スタッフが撮影している間にも何人かの方が正月飾りをそっと納めて行かれていました。



夜になり、再び訪れたスタッフ。
鳥小屋の中に入らせて頂きます!

おじゃましま~す…

中

お…おおお…?!
中は結構な広さ。大人が10人は入れる広さです。
鳥小屋の中には囲炉裏、壁には神棚が。
囲炉裏でぐつぐつと煮えるお鍋の中にはしし鍋が。
皆さま和気あいあいとお神酒を竹のコップで頂いたり。
中には猫ちゃんも一緒に温まっていました。

ししなべ

なんと、スタッフもしし鍋を頂きました!
わーい!頂きまーす!!

う、う、う、うま!!
鳥小屋の中の秘密基地のように感じる空間、囲炉裏を囲んで皆さんで頂くしし鍋のお味は…
美味しゅうございました!!温まる~!

いわき市は比較的温暖で雪が降らず、スタッフが子供の頃はかまくらというものに強いあこがれを抱いておりました。
鳥小屋はまるで雪は降らない地域のかまくらのよう。
みんなで手作りした小屋の中で遊んだり食べたりお喋りしたり過ごせる、鳥小屋はそんな憧れの気持ちを叶えてくれる場所でした。

穏やかで楽しい時間はあっという間に過ぎ…
清祓いと、鳥小屋を燃やすお焚き上げの時間に。
神棚やお札などが運び出され、鳥小屋の中に正月飾りやお札を皆さんで協力して運び込みます。

火入れ

歳男・歳女の方が鳥小屋に火をつけます。

パチパチパチ…
メラメラメラメラメラメラメラメラ…

燃え上がる

火はあっという間に燃え広がり、瞬く間に鳥小屋を包み込んでしまいました!
こんなに早く燃えるものなのかと驚くスタッフ
勿体ないと思う暇すら与えない速さでした。(この日は空気が乾燥していたそうで、良く燃えたそうです)
煙と火の粉が渦を巻き、天高く昇って行きます。
役目を終えたお正月飾りやお札が、天へ還っていくかのようでした。

パァン!と時折爆音が鳴り響き、突然の破裂音に驚いていると…
その正体は、柱に使った太く立派な竹の中の空気が熱で温まり破裂している音だったそうです。
中々見ることのできない風景に驚きと興奮を覚えます。

餅

餅2

鳥小屋を見守る方々の中には、釣竿の先にお餅を括り付けた方や竹ざおの先にお餅をつけたものを持つ子供たちの姿が。
この鳥小屋のお焚き上げの炎で焼いたお餅を食べると、今年1年病気をしないと言われているそうです。
鏡餅を焼いたお餅を分けていただいたスタッフ。
よろこびのあまり、写真を撮らずそのまま食べてしまいました
お焚き上げの炎にあたり、お餅を食べ…これで、今年は風邪を引かないで過ごせそうです!

鳥小屋で過ごす団らん、炎にあたりながら楽しそうに過ごす家族の姿。
現代では希少となった伝統行事ですが、人と人が顔を合わせ暖かな時間を過ごせる大切な場所の一つと思いました。
これからも形を変えず残ってほしい伝統の一つですね。

今年のいわき市の鳥小屋は
本日午後5時からの小名浜諏訪神社のどんど祭り、アクアマリンふくしまでは1月14日(水)まで鳥小屋を館内で展示しております。
お時間がございましたら、是非足を運んで頂けたらと思います。


観光イチゴ園オープン!!
いわき市内には3箇所のイチゴ園があり、暖かい温室には甘酸っぱいイチゴがたわわに実っています。
詳しくは平成26年度いわき市イチゴ狩り情報!をご覧下さい。


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト