企画展草野心平の詩 視覚詩編 今週末から開催! [平成27年4月15日(水)]

0418~0614草野心平記念文学館 企画展「草野心平の詩 視覚詩編」-1blog

朝は曇りだった空が晴れ空に変わってきたいわき市です。
西の空を見てみると、曇り空。
午後から天気が変わっていく予報となっており、お出かけの際には折り畳み傘があると安心ですね。


本日の話題です。
いわき市立草野心平記念文学館にて企画展「草野心平の詩 視覚詩編」が今週末18日(土)から開催されます。
かえるの詩人としても知られ多くの詩を手がけた草野心平ですが、その作品の中には独特な「絵画的手法」を用いた作品が見られます。
”が一行だけ続く「生殖Ⅰ」や”Q”が不規則に集まった詩「天気」””がひとつだけ原稿用紙に描かれた「冬眠」などいずれも「蛙」という主題で描かれています。
心平自ら「声をだしてよまないでください」と指定しており、視覚から入って来る詩の印象は、読者によって変わる無限大の面白さがあります。
今回の企画展では視覚的に鑑賞する心平の詩を取り上げ、創作にかかわる自筆原稿などの関連資料もあわせて展示されます。

スタッフも小学生の頃草野心平の詩を国語で勉強したとき「冬眠」の”●”一つに蛙が丸くなってるなぁ、上から見てるのか下からか、それとも横?どこからが土なのかな?この蛙は茶色?など想像を膨らませたものです。
「思考と時空的立場」で「絵画の線や色彩のやうに」表現を模索した心平詩の魅力を感じてみてください。


●草野心平の詩 視覚詩編
会期:平成27年4月18日(土)~6月14日(日)

・ギャラリートーク 学芸員による展示解説
開催日:4月26日(日)、6月7日(日)
時 間:いずれも午前11時~11時30分
会 場:文学館企画展示室 ※観覧券が必要です

・見比べてみよう、草野心平の視覚詩
期 間:平成27年4月25日(土)~5月6日(水・休)
展示会場で詩をひとつ選び、感想をお寄せいただいた方に記念品をプレゼント
※観覧券が必要です

 【お問い合わせ先】
いわき市立草野心平記念文学館
住所:福島県いわき市小川町高萩字下タ道1-39
電話:0246-83-0005
開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日の火曜日が休館)
観覧料:一般 430円/高・高専・大学生 320円/小・中学生 160円

≪交通アクセス≫
車:常磐自動車道いわき中央インターより約15分
電車:JR常磐線いわき駅下車、車で約20分/JR磐越東線 小川郷駅より車で約5分




《桜関連記事》
平成27年いわき市内桜開花状況について
平成27年いわき市内桜まつりについて


また、いわき市総合観光案内所スタッフブログには「いわき巡り自然編」カテゴリーがあるのはご存知でしょうか。
いわき市内の桜の名所を多数ご紹介しておりますので、こちらもぜひご覧下さい


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト