内郷高野町鹿島神社の例大祭の様子 [平成27年9月14日(月)更新]

獅子頭

曇り空が広がり肌寒い天候のいわき市。
昨日の夏日のような気温からぐっと冷え込み過ごしやすい反面、うっかりすると体調を崩しかねません。
薄手の羽織ものを持ち歩くなど、体調管理をお忘れなく。

本日の話題です。
9月12日(土)13日(日)内郷高野町の鹿島神社にて例大祭が行われました。
宵祭りと本祭りのお写真が届きましたのでご紹介させて頂きます。

つるぎ

鹿島神社は武甕槌命(タケミカヅチノミコト)雷神様、かつ剣の神様からか拝堂には剣が奉納されています。

宵祭り

12日の宵祭りは子供達がメインの様子。
屋台や輪投げあそびで盛り上がっていた様子でした



13日の本祭り。
お神輿に神様をうつし、お神輿を組み立てます。
午前9時に鹿島神社をお神輿が出発。

お神輿組み立て

急な階段を男衆がお神輿を担いで降りてきます。
階段

いせいよくもまれるお神輿!

もみ

町内各所をまわり、御仮屋にて天狗様が見守る中、高野町獅子舞保存会による三匹獅子と棒ささらが奉納されました。
御仮場

獅子舞

三匹獅子舞は、男獅子は腰に鳥毛を二本つけ、中獅子は鳥毛一本、女獅子は三色幣をつけ舞を奉納します。

獅子舞2

棒ささら


ここで、高野鹿島神社について…森田三郎兵衛とその弟藤三郎なる兄弟があてもない放浪のすえ、大利(現在のいわき市好間町)にやってきて小庵を建て貧しく暮らしていました。

兄弟の祖父は伊賀国名張(現在の三重県)に暮らす武士でしたが、大治4年(1129年)に山陽・南街道の海賊らと隆起したものの、平忠盛によって追われ一族は苗字を「桃実」と改め身を隠しました。

鹿島神社

祖父が尊信していた鹿島神を兄弟も厚く信奉しまた泉蔵院というお堂を営み、兄弟の末裔は天明の飢饉(1782年-1788年)の際困窮のあまり山を降り、その後鹿島神社は現在の場所に移されたという伝えが残っています。

鹿島神社で奉納される獅子舞の直接的な伝承ではありませんが、鹿島神社に近い好間町の八坂神社で奉納される三匹獅子舞は桃実三郎兵衛と藤三郎が正応元年(1288年)打ち始めしたと記された記録が残っており鹿島神社の兄弟と同じと伺えます。

鹿島神社の獅子舞がいつから奉納が始まったのかといった事などはあいにく分かりませんでしたが…
獅子舞と棒術を地元の人々伝え続け、集まり、お祭りを楽しむ様子を伺う事が出来ました。
来年の例大祭も楽しみですね。

鹿島神社
住所:いわき市内郷高野町表45

今回お写真を提供くださいましたS様、素敵なお写真をありがとうございました!
他、S様から頂戴しましたお写真を過去の記事でも取り上げておりますので是非ご覧ください。


《S様ご提供画像》
平成26年7月7日(月) 「ふくしまほんものの旅 2014夏号」発行!!
平成26年1月4日(土) 国宝白水阿弥陀堂 元日
平成26年2月3日(月) つるし雛飾り祭り&常磐線ポケモン号
平成26年2月10日(月) 白水阿弥陀堂雪景色
平成26年2月24日(月) 塩屋埼灯台再開
平成26年5月26日(月) キハ48系 クルージングトレイン「磐越東線新緑号」
平成26年7月13日(日) 白水阿弥陀堂 ハスとアオサギ
平成26年8月15日(金) いわき回転櫓盆踊り大会と徳ひめちゃま
平成26年11月10日(月) 国宝白水阿弥陀堂 紅葉ライトアップ
平成26年11月24日(月・祝) 田人ほっこり祭 ボンネットバス
平成27年1月6日(火) いわき市消防団 はしご乗り
平成27年6月22日(月)国宝白水阿弥陀堂古代ハス 
平成27年7月26日(日)第14回おなはま海遊祭、小名浜港見学会の様子
平成27年7月28日(火)四倉ねぶたといわきおどりの夕べ
平成27年8月25日(火)赤井諏訪神社例大祭が開催されました
平成27年9月10日(木)暮らしの伝承郷 三和町合戸宿組の三匹獅子舞の様子


++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト