fc2ブログ

いわきアフターサンシャイン博企画ツアー『いわきヘリテージツーリズム「常磐炭田」の歴史を辿る』リポート後編 [平成29年12月13日(水)更新]

菊池1

菊池12



本日も、今冬1番の寒波がやってきているといわれています。寒さ厳しく、身体が芯からぐっと冷え込んでゆきます。
あたたかい服装であたたかい食べ物を食べて、この寒さに備えたいですね。


昨日にお伝えした、いわきアフターサンシャイン博企画ツアー『いわきヘリテージツーリズム「常磐炭田」の歴史を辿る』リポートですが、本日はその後編をお届けします。

いわき石炭・化石館みろく沢炭鉱資料館を辿ってきたツアーは、ついにいわき市を離れ茨城県に足を踏み入れます。
常磐炭田は茨城県日立市北部から福島県富岡町までの範囲をさします。そこで、その常磐炭田をより理解を深めるためにも、高萩市までやってきました。高萩市では、菊池寛実記念炭礦資料館にお邪魔します。


まずは常磐自動車に入ってゆきます。

ここで、常磐自動車道について、ヘリテージツーリズム協議会の方から、ちょっとした豆知識がありました。
常磐自動車道のいわき勿来~中央インターチェンジ間は、アスファルト舗装ではなく鉄網コンクリート舗装になっています。それには石炭採掘地であったことから、地盤の陥没によって舗装が破断するのを防ぐためという理由がありました。現在は修繕工事が行われてしまったのですが、できたころは道路が白色だったそうです。
何気なく通る道も、そんなお話を聞くとまた違った面白さを見せてくれますね。

関本パーキングエリアまで来ました。
茨城県もいいお天気でした。

高萩1



高萩市に到着後、まず昼食となります。
場所は、レストランのコクリコさんです。

こちらは、なんと今月20日で閉店してしまいます。
素敵なお店なので残念ですね。

コクリコ1

コクリコ2




さて菊池寛実記念高萩炭礦資料館に参りました。

資料館の名に冠されている菊池寛実さんとは、昭和15年に高萩炭礦(株)を設立し、採炭効率日本一になるまでに高萩炭礦を大きくし、日本の石炭産業に貢献された人物です。

そんな高萩の炭鉱は、昭和55年には全て閉山となり終わりを迎えました。

こちらでも資料館の方からお話を伺うことができました。
高萩の炭鉱について知ることはめったにないことかと思いますので、とても貴重な機会です。

菊池9

菊池4

菊池5


当時の写真や道具類など資料が展示されています。

菊池6

菊池7




名残惜しい茨城県を去り、いわき市に戻ります。

帰りのバスでは、石炭のもととなったメタセコイアのお話をききました。
メタセコイアはスギの仲間で、絶滅したと思われていましたが発見された生きる化石といわれる樹木です。
ほるるなどいわき市内でも見ることができます。

左がメタセコイアの葉、右が石炭(北海道釧路市産)。
何千万もの時を経て石炭になってゆきます。
メタ2



以上で無事ツアーは終わりました。
まだまだ知らない炭鉱を知る有意義な時間となりました。

炭鉱の幕を閉じ、まだ50年も経っていません。この短い間に炭鉱は、すでに「遺産」という言葉がもちいられます。それだけ私たちの生活は目まぐるしく急速に変化しているということだと感じます。
石炭から石油に主要エネルギーが変わったようにエネルギー資源はこれからもおそらく変化しつづけ、日々当たり前のことがいつの間には過去のものとなってしまうことでしょう。それが積み重ねられ時間がたてばたつほどに、石炭産業の歴史も忘れ去られてしまうことになりかねません。
常磐炭田の歴史、そこで働いてきた人々の暮らしや声を風化させずに残していきたいという尊い想いで、ヘリテージツーリズム協議会の皆さんやみろく沢炭鉱資料館館長の渡辺さん、そしてほるるや高萩炭礦資料館が活動されていることをこのツアーを通して実感することができました。その想いをしっかりと受け取り、また次の世代につなげていきたいです。

また、いわき市や高萩市に眠る石炭の埋蔵量は、まだあと可採100年以上といわれています。
この石炭を今後いかに活用してゆくのかも課題となっているそうです。

石炭や炭鉱に少しでも興味のある方は、炭鉱に関する遺産や施設に触れてみるのもいいですし、もし身近にいたら炭鉱に携わった方にお話をきいてみるのもいいですね。
ぜひ炭鉱の歴史を学んでみてはいかがでしょうか。



いわきヘリテージツーリズム協議会
住所:福島県いわき市常磐湯本町向田3-1いわき石炭・化石館ほるる内
電話:0246-42-3155
ホームページ:http://www.i-heritage.com/index.html



菊池寛実記念高萩炭礦資料館
住所:茨城県高萩市高萩624
電話:0293-22-2150
開館時間:冬10月~3月 午前10時~午後3時/夏4月~9月 午前10時~午後4時
開館日:毎週末
休館日:12月末~3月上旬
入場料:無料
ホームページ:https://www.takahagitanko.org/





いわき市内イベント情報
環境水族館アクアマリンふくしま「アクアマリンクリスマス」 会期:平成29年11月25日(土)~12月25日(月)
第6回いわき光のさくらまつり 会期:平成29年12月2日(土)~平成30年1月8日(月・祝)

募集のお知らせ
あなただけが知っている「いわきの秘密スポット」募集について 期間:~平成29年12月15日(金)

参加者募集のお知らせ(事前申込制)
地域学講座「遠野学」 開催日:12月21日(木)
いわき潮目劇場「あたらしいフクシの伝え方」 開催日:平成29年12月16日(土)

いわき市オリジナルギフトについて
いわき産品 冬ギフトフェア 期間:平成29年12月1日(金)~平成30年1月8日(月・祝)

イベントリポート
「第6回いわき光のさくらまつり」点灯式が行われました! [平成29年12月3日(日)更新]
いわきアフターサンシャイン博企画ツアー『いわきのお寺さん「薬師様・弁財天・観音堂」を訪ねる』前編 [平成29年12月5日(火)更新]
いわきアフターサンシャイン博企画ツアー『いわきのお寺さん「薬師様・弁財天・観音堂」を訪ねる』後編 [平成29年12月6日(水)更新]
石炭・化石館ほるる「Christmas&ミュージアム★ナイト2017」 [平成29年12月9日(土)更新]
いわきアフターサンシャイン博企画ツアー『いわきヘリテージツーリズム「常磐炭田」の歴史を辿る』前編 [平成29年12月12日(火)更新]






++++++++++++++++++++++++++++
いわき市内の観光情報を発信中です!!
・一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー 
ホームページ http://www.kankou-iwaki.or.jp/
facebook https://www.facebook.com/iwaki.kankou
twitter https://twitter.com/iwakibyuro

・いわき市総合観光案内所 
スタッフブログ http://iwakikankou.blog12.fc2.com/
四季観光ブログ http://iwakishi.exblog.jp/
twitter https://twitter.com/kankouiwaki
++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト