FC2ブログ

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]トップ


台風一過、青空が広がるいわき市です。
いわき駅前は日陰でも30度を超えており、10月がスタートしたというのに、まるで夏が戻ってきたようです。
道路には昨日の強風で散乱した枝などが落ちています。運転にはくれぐれもご注意ください。




いわき市内郷地区で「へるし~ふ~ず」を食べながら町歩きを行うミニミニツアー。
第2回目は江戸時代の宿場町の跡を訪ねる「御厩町まちあるき」が昨日行われましたので、ツアーの様子をご紹介いたします。

台風24号が本州に接近しており、あいにくのお天気でしたが、参加者の皆さんはレインコートや長靴などの雨天対応装備で参戦。
内郷まちづくり市民会議の四ツ倉副会長、山守市議、本日の講師である渡辺さんによるご挨拶、コース説明が行われ、野木さんによる今昔イラストマップを片手に内郷支所をスタート!!

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]1

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]2

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]3


まずは綴町の馬場児童遊園へ向かいます。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]4


内郷駅から常交自動車学校付近までの約2.3キロメートルが整備されている「UCHIGOウォーキング・サイクリングロード」。車・歩行者・ウォーキング・自転車のそれぞれの専用道路となっております。
あいにくのお天気で、人影は私たちだけでした…。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]5


ここから新川沿いを進みます。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]6


内郷跨線橋の下。
いつもは上をなんなく通り過ぎていますが、橋の下はどことなく秘密基地めいています。
雨にけぶる町中で、金木犀の甘く懐かしいが漂います。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]7


進みゆくと、左手に山脈が見てきました!!
こちらは(株)ピュアロンジャパン 環境・開発中央研究所の壁画でアルプス山脈が描かれています。
いわきでアルプス山脈が見られるのはこちらだけですよ。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]8


御厩橋を渡ると左手に見えてくるのがヘアーショップロダン。
道路沿いにベンチが配しており、座ると様々なヘアスタイルに挑戦できます。
Insta…Twitter映えのポイントです♪
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]9


茂天木稲荷神社を左に見ながら進むと、見えてくるのが「いわき市医療センター」。
「総合磐城共立病院」が耳馴染みですが、平市と岩城郡下29町村の組合立病院として昭和25年11月1日に発足されました。
新病院は平成30年12月25日(火)に開院いたしますが、屋上にはヘリポートを備えた13階建てで、新たに整備されるカフェラウンジにはいわき初の○○ーズ(こちらは皆さんのお楽しみにとっておきます♪)が入ります。
ホームページによると11月24日(土)・25日(日)は一般向け内覧会が行われるとのですので、この機会に私たちが住むいわき市の医療の最前線をご覧ください。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]10



久世原館跡・番匠地遺跡について渡辺先生にお話いただきます。
共立病院周辺は現在、バイパスが整備されておりますが、以前は山あいの谷でした。「谷戸(やと)・谷地(やち)」とも呼ばれ、古代において水を集めやすい場所となります。

番匠地遺跡からは福島県内で最初に弥生時代の水田跡が発見されており、隣接される久世原館跡からは「磐城郡印」の鋳型が発見されています。そのため、内郷は古代より古代磐城郡衙に関連した重要な地域であることがわかります。

また、久世原館跡からは中世の遺構や土塁などのほかに、山あいのため懸造の遺構も発見されています。
ただし、誰が住んでいたのかは不明。
神林復所の書物にも中世の城跡が書かれていますが、「久世原館 御厩村」だけの記載とのことです。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]11


ここから小島町方面へ進むと、国道49号バイパスが頭上を走っていますが、この橋の名前を皆さんご存知でしたか!?
「みまや徳姫ご道橋(どうきょう)」と呼ばれ、御厩小学校の生徒により命名されました。
こうした橋の名前を知ることも町あるきの醍醐味ですね!
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]12


続いて、御厩町下宿にある「南松山 光明院 阿弥陀寺」へ。
春には遠目にも美しいシダレザクラが咲くお寺で、平山崎矢ノ目にある如来寺が本寺です。
御本尊の阿弥陀如来を今回特別に見せていただきました。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]13

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]14


昼食後はツアーのメインである宿場町の跡を歩きます。
一帯の地名は内郷御厩町上宿・下宿。
湯本宿と平宿の間にあるこの「上宿・下宿」地区は臨時の宿場町として栄えました。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]15


当時の移動には馬や馬車が使用されており、野木書店より徒歩すぐの場所には天保6年と掘られた「馬頭観音」が祀られています。明治時代にはトテ馬車が走っていたそうです。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]16


写真はありませんが道路左手のケヤキの木が見えてきます。
現在は枝が切られてしまいましたが、大きな建物がない時代の米屋(菅波家)の大ケヤキは、旅行く方たちの目印となっていたことでしょう。

続いて、酒屋(若松家)の土蔵で野木さんによる宿場町のお話を伺います。
残念なことに曲り家は解体されましたが、看板と井戸が残っており、絵画から当時の面影を伺い知ることができます。
なお、野木さんが描かれたイラストマップにある醤油屋は旧川口家住宅として、いわき市暮らしの伝承郷に移築されております。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]17

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]18


こちらは江戸時代の参勤交代で磐城平宿や湯本宿が満杯となると、臨時の宿屋となった山木屋(野木家)。
瓦に屋号が書かれており、お隣の酢屋の瓶や今でも水をたたえる井戸が残っています。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]19

一帯では鉄の製造が盛んであり、鉄鉱石を溶かして鉄を取り除いたあとの物。
古代よりいわきの鉄資源は豊富であり、近世では砂鉄を溶かして農業道具を作っていたとのこと。浜通りでも地域性があり、富岡では鉄の塊を買い、自分たちのところで溶かして使っていたそうです。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]21

土蔵にはこて絵が描かれており、竹とすずめでしょうか。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]20


旧内郷村役場があった場所。
明治22年に内郷村ができ、26年に役場が建てられました。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]22


最後は御厩町が一望できる見晴台へ!
山の神命と書かれた石碑が建てられており、振り向くと一気に視界が広がります。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]23

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]24

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]25


内郷支所へゴール!!
参加された皆さまへ恒例の俳句を作っていただきました。
俳句は内郷まちづくり市民会議のFacebookページへ掲載予定とのことです。
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]26

ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]27
ミニミニツアー2018「第2回御厩町まちあるき」イベントリポート! [平成30年10月1日(月)更新]28



不思議なアートと江戸時代の宿場町が残る御厩町。
知らなかった地域の一面を知ると、どこかワクワクとしてきますね。
第3回目は紅葉が美しい時期に高野町をマラソン&ピクニック!!
どのような”まちあるき”が皆さんを待っているのでしょうか。
ツアー募集はブログにてご紹介いたしますので、お楽しみに!!


平成30年度「へるし~ふ~ず」内郷日替わり各地区ミニミニツアー2018 スペシャルツアー「第2回御厩町まちあるき」
日時:平成30年9月30日(日)午前9時~午後2時 ※雨天決行
集合場所:いわき市内郷支所(福島県いわき市内郷綴町榎下46-2)

コース
内郷支所集合 → 新川堤防 → 茂天木稲荷神社 → 共立病院建設現場 → 番匠地遺跡 → 阿弥陀寺 → 昼食(各自) → 旧浜街道宿場町通り → 上宿地旧宅 → 旧御厩村役場・旧郵便局跡地 → 天上田公園 → グランブルー → 内郷支所解散




【お問い合わせ先】
いわき市内郷支所 地域振興担当
住所:福島県いわき市内郷綴町榎下46-2
電話:0246-26-2111


関連記事
ミニミニツアー2017 第8回高坂町「高坂の酒蔵訪問」イベントリポート! [平成30年3月7日(水)更新]
ミニミニツアー2018 スペシャルツアー「第1回小島町まちあるき」参加者募集のお知らせ [平成30年5月20日(日)更新]
ミニミニツアー2018「第1回小島町まちあるき」 イベントリポート! [平成30年6月18日(月)更新]
ミニミニツアー2018 スペシャルツアー「第2回御厩町まちあるき」参加者募集のお知らせ [平成30年9月3日(月)更新]





イベント情報
スポーツフェスティバル 開催日:平成30年10月14日(日)
いわき市暮らしの伝承郷 10月イベント
いわき街なかコンサート 開催日:平成30年10月6日(土)・7日(日)

施設企画展
いわき市石炭・化石館ほるる「フタバスズキリュウのヒミツ展」 会期:平成30年7月21日(土)~10月31日(水)
いわき市アンモナイトセンター「フタバスズキリュウから半世紀~日本古生物学の新時代を切り開く発見」 会期:平成30年7月19日(木)~10月8日(月・祝)
いわき市立美術館「写真家がとらえた昭和のこども」 会期:平成30年9月15日(土)~10月21日(日)
いわき市考古資料館 特別展「石城国建国千三百年展-いわきの始まり-」 会期:平成30年9月19日(水)~平成31年1月10日(木)

味覚狩りを楽しもう
夏井川渓谷 葡萄の里 開園期間:平成30年9月8日(土)~10月末頃

いわき花巡り
梅林寺のヒガンバナ(平成30年9月22日(土)現在)






スポンサーサイト